家族の一員であるペットに財産を残したい願望

ペットも家族の一員であり、一人暮らしの人などは、自分の子供のようにかわいがる人もいます。
高齢化社会に突入をして現代ですから、一人暮らしのシニア層などは、可愛いペットに財産を残したいと考えも出てきて不思議ではありません。
法律上のことでいえば権利や義務の主体となるのは人間であり、財産をペットに残ることはできないです。
愛するペットに財産を残して、自分が無くなった後もペットが安心して暮らせるようにと、飼い主は強く願います。
犬や猫などのペットに財産を相続はできないとしても、飼い主の気持ちを実現させる手段はゼロではありません。
信頼をしている人間に財産を渡すことを約束をして、その代わりに愛するペットに対して、自分がいなくなった後も十分な世話をしてもらう約束をすることです。
財産というお金には人間の欲が深く絡みますので、こうした依頼をする人間は、心底信頼のできる相手でなければなりません。
でも本当に信頼ができる人間であれば、自分の財産を渡すことを条件として、かわいいペットの世話を依頼することができれば、本人の希望はかなえられます。
こうした仕組みを利用するのは法律上では、負担付遺贈というやり方です。